•  私たち「自由と平和のための京大有志の会」は、自由と平和を破壊しかねないさまざまな動きが現れてくる中で、そうした動きに対抗し、新しい時代の「生きる場所」と「考える自由」を創造することをめざして、2015年7月2日に京都大学の教職員・学生を中心に結成されました。それから5年もの月日が流れ、政治や社会のあり方、ひいては大学という場所のあり方も、大きく様変わりしてきました。

     この5年間のなかで、私たち「有志の会」は活動の幅を広げ、世界各地で実践されている民主主義への取り組みや社会運動の意義にふれたり、ますます排他的で非寛容的になっていく現代の政治や社会問題について積極的に発言したりしてきました。この間に京都大学の構成員も少しずつ入れ替わり、「自由と平和」、さらには「大学」をめぐる状況も変化しています。

     私たちが5年前に危惧していた状況は、残念ながら、改善するよりもむしろ悪化の一途をたどっています。「有志の会」立ち上げに際して発表した声明書では、「精神は、操作の対象物ではない」「生命は、誰かの持ち駒ではない」と訴えました。しかし、現代の日本では、精神を「操作の対象物」とし、生命を「誰かの持ち駒」にしようとする傾向は格段に強まりつつあります。

     そうした動きから本来自由であるべき大学は、かつての戦争の時代のように、政府の政策に真っ先に組み込まれようとしています。今年6月に成立した科学技術・イノベーション基本法は内閣府から見て「役に立つ」研究を「振興」する体制を整え、人文・社会科学を含めて学問を「戦争の武器」「商売の道具」としようとするものです。私たちの暮らしや生き方、そして学問が、「トップダウン」や「リーダーシップ」の名のもとに政府が進める特定の方向に誘導されつつあります。

     問題は、「トップダウン」のあり方に異議をとなえる人々の意見や、決して大きくはないけれど大切な声、多様な声がかき消されてしまっていることです。そうなることで、私たちは、いま生きる現実が「トップ」が決めたたった一つの現実しか存在しないかのように思い込まされ、「自分たちの力では何も変えることができないのかもしれない」という無力感を、いつの間にか刷り込まれています。

     だとすれば、さまざまな問題に立ち向かうために私たちが取り戻すべきものは、「トップダウン」とは反対の、「ボトムアップ」という言葉と関係する、民主主義的な力ではないでしょうか。私たちの考える「ボトムアップ」とは、時間をかけて熟成された私たちの意志と対話に基づいた、自治と自立を軸とした活動を実現していくことであり、そのことにより、人と人の尊いつながりを実現していくことです。ひとりの強い「トップ」がすべてを決定するのではなく、対話を通じてエンパワメントしあうなかで、「トップダウン」の強大な力に対抗するためのオルタナティブな「力」を私たちが共有していくことです。

     そこで新たな呼びかけ人を迎えて、HPに次のステップに向けて新たな呼びかけメッセージを掲載しました。私たちにできることは、本を読み、自然を観察し、考え、語り、討論し、時には街頭でアピールすることです。そのことに変わりはありません。ですが、これまで分断しがちであった、現代社会への批判と、京都大学をめぐる状況への批判との橋渡しに自覚的に取り組んでいきたい、さらに、それぞれの生きる現場で、生命を「誰かの持ち駒」にしようとする動きに抗する知恵を共有するための「ひろば」を、京都大学内外のみなさんとともにつくり上げていきたいと思います。

    2020年10月10日
    「自由と平和のための京大有志の会」呼びかけ人一同

呼びかけ 今年の3月以降、私たちの生活は新型コロナウィルス禍によって、文字どおり一変してしまいました。図書館が長期にわたって閉鎖され、海外渡航は不可能となり、大学の授業はいまもオンラインが基本となっています。私たちの日常は脆いものだとつくづく感じました。 ウィルスは、エネルギー代もっと読む

2020年10月4日 日本学術会議への政治介入に対する抗議声明 自由と平和のための京大有志の会  わたしたち「自由と平和のための京大有志の会」は、菅義偉首相が日本学術会議の新会員に推薦された者の内6名を任命拒否したことに対して、断乎として抗議します。この任命拒否に対する正当かつ合もっと読む

ミンスク国立言語大学の学生が拘留されたことに対して、同大学の140名の教員が抗議のアピールをヴィデオで発表しました。 「9月1日と2日、数名の学生が、平和的な抗議活動をしている間に、拘束されました。4日、治安警察は大学の構内に乱入し、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌声がもっと読む

この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。 京都大学は、2018年度の大学案内の冊子「知と自由への誘い」の表紙に「京大は、おもろい。」をモットーとして掲げました。このフレーズは2019年度の冊子でも繰り返され、2020年度の大学もっと読む

この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。 「大きな物語のなかの、小さな歴史のかけら――歴史の〈引き継ぎ〉について考える」 ある世代の体験したことは、あとに続く世代にどのように伝えられ、受け継がれていくべきでしょうか。いまに生きもっと読む

11/22(金)12:00~15:00、京都大学北部構内農学部総合館1階W100教室にて、『ここがダメだよ京都大学―京大から「大学」の今を考える』が開催されます。ランチ持ち込み可・参加無料(どなたでもご参加いただけます)。登壇者:駒込武、細見和之、松本卓也、学部生・院生。もっと読む

11月10日(日)午後1時〜、京都大学人文科学研究所4F大会議室にて、人文研アカデミー2019研究集会「現場から考える天皇制」が開催されます。登壇者:池田浩士、井野瀬久美惠、駒込武、高木博志、茶園敏美、福家崇洋、藤原辰史。予約不要・聴講無料。もっと読む

10/30(水)18:15~、京都大学吉田南キャンパス人間・環境学研究棟地下大講義室にて、憲法と政治を考える講演会「≪あいちトリエンナーレ表現の不自由展・その後≫中止から考える」が開催されます。講師:内田樹。演題:表現の自由と表現の抑制について。要資料代:500円(学生無料)。主もっと読む

10月5日(土)14:00~(開場13:30 | 終了17:00)、京都大学文学部 第3講義室にて、公開シンポジウム「知と骨 -京都帝大の奄美「人骨」調査と植民地主義-」が開催されます。基調講演:大津幸夫(京都大収蔵の遺骨返還を求める奄美三島連絡協議会代表)「京大奄美人遺骨問題のもっと読む

「自由と平和のための京大有志の会」では、2015年に安保法制が強行採決された日に「あしたのための声明書」を発表し、2016年の参議院選挙前に声明書のメッセージを2分あまりのビデオにしました。それから3年を経て、森友学園問題・加計学園問題・統計改ざん問題などをあげるまでもなく、行政もっと読む

7/19(金)18:30~20:30、京都大学文学部第7講義室にて、第3回人骨問題を考える連続学習会@京都大学が開催されます。報告:永原陽子(京都大学)「略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨」。応答:菊池恵介(同志社大学)。司会:板垣竜太(同志社大学)。入場無料・事前登録不もっと読む

6/13(木)19:00~21:00、京都大学文学部第7講義室にて、第2回人骨問題を考える連続学習会@京都大学が開催されます。第2回報告:板垣竜太(同志社大学)「収集と権力:京都帝大人類学研究室の「南島」調査」。司会:冨山一郎(同志社大学)。応答:石井美保(京都大学)。入場無料・もっと読む

5/9(木)18:30~20:30、京都大学文学部第3講義室にて、第1回人骨問題を考える連続学習会@京都大学が開催されます。第1回報告:松島泰勝(龍谷大学教授)「琉球併合140年の今、学知の植民地主義を問う―琉球人遺骨は誰のものか」。応答:松田素二(京都大学)・冨山一郎(同志社大もっと読む

3月10日(日)13時00分-16時20分(開場12時30分)、立命館大学国際平和ミュージアム中野記念ホールにて、軍学共同反対連絡会のシンポジウム「大学を蝕む軍事研究―安倍政権下の科学技術の危機と科学のあるべき姿―」が開催されます。事前申込不要。参加費1000円。 自由と平和のたもっと読む

本当の自由のために

あしたがまっている

まつろわぬもの